史跡探訪②~平将門関連の史跡 他

こんにちは、荻原です。前回に続き、史跡訪問レポートをさせていただきます。

先日友人に誘われて、茨城県坂東市周辺に行ってきました。我孫子から車で1時間程度です。

坂東市と言えば、何と言っても「平将門」。戦国好きの私としてはアウェイな感じですが、たまには良いでしょう(笑)

将門と言えば、我々の世代では大河ドラマ『風と雲と虹と』のイメージですね。平安時代に、朝廷に反旗を翻し、関東に独立国家建設を企てたが、最後は鎮圧された。という感じでしょうか?間違っていたらごめんなさい。

 

こちらは『国王神社』です。

将門が戦死したと伝わる場所に、三女が建てた庵が発祥なんだそうです。

その三女が彫ったという将門の坐像がご神体だそうな。

建物自体もかなり古いもので、歴史を感じさせます。維持管理が大変そうです。

 

国王神社の近くに『延命寺』があります。

こちらの山門も茅葺きで非常に趣のあるものでした。相当手入れをしているのでしょう。

本尊の薬師如来像は将門の守り仏だそうです。

 

 

おまけ

少し足を伸ばして、同市内の『逆井城』跡に寄ったところ、ちょうど『ふる里さしま古城まつり』が開催されていて、幸運なことに火縄銃の演武を見ることができました。

逆井城跡。櫓や塀などが再現されています。

ドラマ等の撮影に使用されることもあります。

 

 

 

 

たまたま見ることができた火縄銃演武。川越の火縄銃保存会の方々です。

爆音が轟き、迫力満点!良いものが見れました。

 

 

 

 

荻原直剛

施工現場に欠かせない物流のキーマン!日々内容の変化に資材の配送手配、指示を的確にこなしコントロールしています。屋根の積算は任せて安心。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 4 人中 4 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コトブキからのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事