馬籠宿から妻籠宿へ

岐阜県の馬籠宿の入口、風情のある宿場町を軽やかに歩きながら妻籠宿へ向けて8Kmの道のりを約2時間半かけてトレッキング開始です

最初の内は石畳だったり、途中車道を横切ったりしながら森の中へと歩を進めます。

気候も天気も良く、晴れ渡る青空と自然を満喫しながらの深呼吸は気持ちいいい!

小さい秋を見つけました!
干し柿、唐辛子を天日干ししています。そして、秋の代名詞真っ赤に染まったもみじ。
写真撮り損ねましたが、ヨーロッパからの旅行者の多くの人が、この街道の散策を楽しんでいました。日本の原風景を感じる街道かもしれませんね

馬籠峠頂上標高801mに到着!そしてこのような道をさらに歩いていきます。
意外に無理のない山道なので散策としてはお薦めです。

途中休憩スペースでボランティアの方がお茶のサービスや歌を披露してくださいます
風情がありますね。この の休憩スペースにも欧米人観光客が休憩してました。

妻籠宿へ到着、ここはもう長野県になります
そう、県境を跨いで岐阜県から峠を越え、長野県まで来ました

そう、わかる人にはわかるかもしれませんね!
NHK真田丸のドラマでオープニング映像で使われた部屋の光です
囲炉裏の煙が立ち上っているところに建物の壁の格子から光が射して
独特の雰囲気を演出してくれます。  林さんの家です・・・誰?
明治天皇もご休息された由緒正しい屋敷だそうです。
嫁入りの時、和宮様もこの街道を通り嫁いで行かれたそうでキャスター付きの長持
が当時のまま収蔵されています。

雪見ガラスから覗くガラス越しには苔むした庭が絵画のように見えるような工夫をされ、一部だけ透明ガラスに加工された引き戸があります。三枚あるこの覗き窓のうち一枚だけが当時の150年前のガラスがあり歪んでいていかにもという感じでした。

今回のこの散策コースはゆっくり歩いて2時間半で完歩できるのでお薦めです!
スニーカーでも充分歩けますが途中下り坂を踏ん張ったりすることを考えると人によっては筋肉痛になりかねないので、トレッキングシューズ着用をお薦めします。

 

小野広和

地域に株式会社コトブキがあって良かったと思ってもらえるような企業になるよう、皆様とともに一緒に成長させていただければと願っております。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 3 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コトブキからのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事