外壁シーリングの劣化

コトブキの角田です。カクタじゃな(略

 

早速表題の件ですが、今日はシーリングの劣化についてです。

シーリングが劣化して切れてしまうと、雨漏りの原因になります。

シーリングの経年劣化による亀裂はその使用したものや、条件にもよりますが大体5年目あたりから出始めます。

 

写真は7年目のシーリングの状態です。

所々ひび割れが出始めています。

 

この写真は13年目のシーリングの状態です。

完全に切れていてシーリングの役割を果たしていません。

 

「この写真僕の自宅です」

 

こうなる前に5年目あたりから定期的なメンテナンスを!!

角田公二

施工管理からアフターメンテまで地道にサポートをする縁の下の力持ち。各職人ともコミュニケーションをとり安定した仕事をこなしています。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 7 人中 7 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コトブキからのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事