工事現場安全パトロール

本日はお取引先建設会社の現場安全パトロールについてお話しします。
各建設会社では年間を通して安全パトロールを私たち工事業者と一緒になって現場の安全点検と清掃状況を確認しています。
上の写真は建築現場の周りの通路の確保のチェックをしながら足場の状況確認をして安全性の確認をしています。因みに緑色の扉が付いているのは、仮設のトイレです。
青い天井が着いているボックスの中には消化器、スリッパ、ヘルメット、救急用品等現場で最低限必要なものが入っています。

新築中の建物周辺にはしっかりと土が飛ばないように養生シートが敷かれています。
どうしても現場作業をするときにシートがないと特に雨上がりの時など、足元が泥だらけになってしまいますからね、そのためにはこのように養生シートが必要です。

足場の昇降階段を昇り屋根の上まで上がってみました!
最近流行りの金属立葺き屋根材で仕上がっていました。角も綺麗に納まっていてステンレスのビスでしっかり固定されていました。屋根材にも多くの種類がありますが、緩勾配には写真のような金属立葺きが多く使用されます。

建物内部に入り、2階に上がってみました! まだまだ施工途中の為、木がむき出し状態です。階段もありませんのでステップと手摺りのついた梯子で上がりますが写真のように床開口部から梯子を30cm突き出して設置されています。(安全の為)

1階から2階までの吹き抜けになる床周りは、作業中に歩くため滑落防止の床養生で塞いでいます。また、その他の2階床の開口部は作業者が寄りかかって落ちないように仮設の手摺りを木材で留めて危険回避をしています。これなら現場での滑落事故を十分に防ぐ事が出来ますね^^)

これからお家を建築しようと考えているお施主候補の方々は是非現場見学会等にお出かけいただき、建築を頼む下準備として、その会社の安全対策に対する姿勢を見るのも肝心な事ですね。このように対策をしっかりやっている大工さんは見ての通り現場そのものにゴミや道具が散らばっていなく当然のことながら怪我をする確率も極めて少なくなりますので依頼して安全・安心の会社だとわかりますね。

小野広和

地域に株式会社コトブキがあって良かったと思ってもらえるような企業になるよう、皆様とともに一緒に成長させていただければと願っております。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コトブキからのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事