トーハクは屋根までアートやぁ!

こんにちは、荻原です。

上野の東京国立博物館(トーハク)に、『東寺展』を観に行って来ました。

https://toji2019.jp/

 

 

 

東寺が空っぽになっているのではと心配になるほど、多くの仏像・仏画が出展。

国宝のオンパレードに、改めて空海の偉大さを感じます。

 

 

 

国宝の『帝釈天騎象像』

なんと撮影OK!

ありがたやありがたや。

 

 

 

ところで、国立博物館本館の屋根は瓦葺きなのをご存知ですか?

本葺き瓦という、社寺で使われる本格的な瓦が使われています。

調べてみると、現在の本館は昭和13年に開館。瓦は愛知県高浜市で焼いたものなのだそうです。

 

玄関部分の屋根を見ても、本格的な葺き方で納めてあるのがわかります。

 

 

 

 

よく見ると、鬼瓦に何か不思議なものがくっついています。

調べたところ、玄関屋根の3つの鬼瓦には朱雀(写真)・青龍・白虎の姿が造りこまれているそうです。

 

 

屋根までとってもアート。

さすがはナショナルミュージアムですね。

荻原直剛

施工現場に欠かせない物流のキーマン!日々内容の変化に資材の配送手配、指示を的確にこなしコントロールしています。屋根の積算は任せて安心。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 4 人中 4 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コトブキからのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事