史跡探訪④~ 東金御殿(千葉県東金市)

こんにちは。史跡大好き荻原です。

ようやく緊急事態宣言が解除されましたが、まだまだ気の抜けない日々が続きますね。

最近全く外出していないので、ブログのネタがありません。そこでちょうど一年前の写真を蔵出ししてみようと思います。

 

船橋市から山武市まで延びる『御成街道』という道路があります。

この『御成街道』は元々、江戸に幕府を開いた徳川家康が家臣に命じて造らせた道です。

家康はしばしばこの街道を通って東金まで「鷹狩り」に行きました。

 

 

家康の東金での宿泊の為に造られたのが『東金御殿』です。

ちなみに「鷹狩り」は名目で、真の目的は、外様大名(この場合は安房の里見氏)の監視だったそうです。

 

旧御殿前には「八鶴湖」という池があります。

湖畔に桜が植えられ、たいへん風光明媚な所です。

 

 

 

旧御殿近くにある「本漸寺」。

庭園のキレイなこのお寺も徳川家康ゆかりの場所です。

 

 

 

お寺には、『家康公お手植えの蜜柑の樹』があります。

東金を気に入った家康が、駿府から運んで植えたんだそうです。ちなみに現在の樹は4代目。

 

 

調べてみると戦国武将ゆかりの場所って結構あるもんです。

 

おまけ 近くの食堂で蛤をいただきました。美味しかったなぁ。

また食べに行きたい!

 

 

早いところ以前の生活に戻りたいものですね。

荻原直剛

施工現場に欠かせない物流のキーマン!日々内容の変化に資材の配送手配、指示を的確にこなしコントロールしています。屋根の積算は任せて安心。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 5 人中 5 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コトブキからのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事