台風被害などで受けた軽度な外壁補修について

皆様こんにちは、建築業界には不要な野菜ソムリエの資格を持つ古中です。

冬野菜の代表的にはネギ・白菜・ほうれん草・小松菜・大根・かぶですね。冬野菜の特徴としてはビタミンEが比較的多く含まれていて、血行促進作用から体を冷えにくくしてくれるそうです。寒い冬を乗り切る体づくりに活かしてみてはいかがでしょうか。

さて、最近現場に行って良く対応するのが、外壁の傷や汚れなどの補修をさせていただく事です。補修の方法としてはパテ材と補修液を使用するのが基本です。まずはパテ材で、くぼみ・割れ・穴などの欠陥を埋めます。そのあとにパテ埋めした箇所・傷の箇所を補修液で、外壁と同色の補修液を塗ります。

施工前と施工後の画像をご覧ください。

※施工前

 

施工後

このように、ほぼ目立たなくなるように傷などを補修する事が出来ます。外壁を張り替えるまでじゃなくて細かい傷が目立っていて、どうにかしたいなという方は、この方法を試してみても良いかもですね。ご自身で実施するのはおススメは出来ない為、まずは家を購入した工務店さんに聞いてみる事をおススメします。

ただ傷やヒビが大きすぎたりと許容を超えてしまうと張替えが必要となりますので、ご注意ください。

では、今回はこのあたりで失礼いたします!!

海老原工事室長のもと現場打ち合わせに始まり、積算、デスクワークから工事の心得まで幅広く、英才教育を受け頑張っています。優しい性格なので、職方に負けないよう自分の意志を貫きながら頑張ってます。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 5 人中 5 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コトブキからのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事