【研修風景】屋根建材のミニ知識

こんにちは、高橋です。

今回は地味にいい仕事をしてくれている建材をご紹介します。

こちらはとある新築物件の外観です。

 

屋根の壁側傾斜部分についている建材は雨押えといいまして、

雨水を雨樋に誘導し、壁の中に侵水させないようにする役割があります。

一般的な雨押えの役割は上記で書いた通りですが、

よく見ると2階傾斜の雨押えの先に三角の部材がついています。

↓  ↓  ↓  ↓

こちらは壁止まり板金といいます。

今回のお宅は雨樋のすぐ下に窓サッシがあるので、

雨樋で雨水を誘導する際に窓サッシに雨水がかかるのを防ぐ為、取り付けてます。

同じような建材に見えますが、ちゃんと意味を持っていて、

必要な箇所に使用されています。

次回もミニ知識をご紹介します。

はじめまして。高橋と申します。早く皆様のお役に立てるように頑張ります。

どうぞよろしくお願い致します。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 3 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コトブキからのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事