難しい仕事をアイディア次第で施工します!

ご紹介する工事内容はトップライト交換工事です!

トップライトは住宅屋根の様々な位置に取り付けられていますが、室内の間取りの関係で時々下屋根(2階建ての1階の屋根)の壁際に取り付けられている事があります。
トップライト交換の時、この壁際にあるだけでも雨漏りに直結する可能性が高い為神経質になりますね。

 

 

 

 

 

どうですか? こんなところに取り付けてあるため、壁とのスペースもほぼありません! でも、これを何とかするのがコトブキの職人さんたちです。お施主様からはとにかく交換したいとの依頼ですから、出来る方法を考えます。

 

 

 

 

 

とりあえず、既存トップライトを外してみました!
大変です、思った通りの展開で開口穴がほぼ壁にありました。ましてやトップライトのサイズも合わない!  どうしよう(笑)
もう瓦もトップライトも解体済みです。でも、ここで職人さんが知恵を絞ります。

 

 

 

 

 

開口穴のサイズ調整で開口に額縁に木枠を組みます。
そして、片面粘着防水シートを開口穴周りに雨水の侵入が発生しないように敷き詰めます。これで、開口穴の周りから雨水が入る心配は無くなりました!

 

 

 

 

 

開口穴の4面に部品を取付、新規のトップライトを取り付けます。

 

 

 

 

 

新規トップライトを屋根面に取付したら、屋根瓦を元に戻していきます。
戻しながら同時にトップライト周りに専用キッドの水切り板金を取付、屋根面からトップライトに雨水が入らないように施工していきます。
でも、どうしても壁際に見えるブルーの防水シートが気になります。紫外線に当たり続ければ当然劣化して雨水が侵入することは間違いありません!

 

 

 

 

 

職人さん、考えました!
右側の壁際のスペースに金属を綺麗に加工して、雨漏れが無い様に納めました。
また、左側の瓦の端部には、同じく瓦と同じ寸法に金属を加工し1枚、1枚差し込む形で屋根全体のバランスを考え違和感の無い仕上げを実現させました。
素晴らしい仕事をしてくれましたね!

*難しい仕事も職人さんの知恵と技術で克服できます。住宅リフォーム依頼は是非ご  用命ください。

 

小野広和

地域に株式会社コトブキがあって良かったと思ってもらえるような企業になるよう、皆様とともに一緒に成長させていただければと願っております。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 4 人中 4 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コトブキからのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事