【研修風景】ルーフィングについて

こんにちは コトブキの石本です。

今回はルーフィングと施工について学んだことをご紹介します。

ルーフィングとは屋根材の下、野地板の上に敷く防水シートのことで、

性能や予算、ご要望にあわせて種類を選定して張ります。

通常は屋根材裏に浸水することは考えにくいですが、

台風や豪雨によって

屋根材の裏に雨水が廻り込んでも、野地板に浸透せず

勾配によって排水できる仕組みになっています。

 

こちらは、とある元請け様の指示による施工です。

 

 

 

 

 

 

 

棟部分は250mm以上重ね、増張りで3枚重ねる

 

 

 

 

 

 

 

 

壁立ち上げ部分は250mm以上
屋根と壁の取合い部分は捨張り

 

写真のように棟違いや下屋からみの箇所は
回り込まないように注意が必要です。

 

コトブキ石本

石本裕之

建設業界は未経験ですが、前職の経験を生かしながら、地元の我孫子で日々、精進して参ります。みなさん宜しくお願い致します。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 4 人中 4 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コトブキからのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事