【研修風景】屋根施工も瓦も本当に色々です。

こんにちは、コトブキ石本です。

今回は「屋根の形状」や「瓦の名称」について学んだことをご紹介したいと思います。

屋根の形状は主に4種類!

戸建の屋根形状では

ほとんどがこのような4種類に分けられ

呼び名もあります。

 

切妻

片流れ

入母屋

寄棟

 

形状によっては、使用する屋根材や板金処理が変わり、

形が複雑になればなるほど加工箇所が増えます。

雨仕舞(雨水が入ってこないようにする処理)が悪くなってしまう傾向があり、

充分に対策が必要になります。

屋根の上には色々な瓦が使われている!

こちらの写真は前回のブログに載せた屋根上の一部で、形状は切妻です。

使用されている瓦は

陶器瓦と呼ばれているもので、UU40Gという種類になります。

瓦も色々な種類がありますが、写真では

1 紐付三角冠
2 ワイド袖右
3 桟瓦
4 雪止金具

が使用されています。

また、別箇所ですが

2の部分を別の角度からみるとこのような感じになっています。

地面と平行部分を軒、傾斜部分をケラバと覚えると分かりやすいです。

使用されている瓦は

A ワイド角(右)
B ワイド袖(右)

です。

右か左かは軒下から見たときの方向で呼び名が決まります。

ほんの一部の紹介でしたが、

屋根材も瓦以外には、金属系やストレート系と呼ばれる

種類もあり、多種多様です。

今後は施工例なども含めて、掲載していきたいと

思いますので、良ければまた見に来てください。

石本裕之

建設業界は未経験ですが、前職の経験を生かしながら、地元の我孫子で日々、精進して参ります。みなさん宜しくお願い致します。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 3 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コトブキからのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事