壁際換気

住宅にとって、建物の換気は大変重要になります。
屋根、外壁、軒、破風等様々な部位から換気をとる部材というものがあるので
今回は屋根と外壁の接点となる部位からの換気部材をご紹介します。

 

 

 

 

 

写真のように下屋という2階建て住宅の1階の屋根の壁際の屋根野地に開口部を設けます。そうすることで、室内の湿った空気や熱気等が屋根の開口を抜けて外部に出るようにします。

 

 

 

 

 

建物の換気をすると言うのは住宅を長期間持たせるには有効になります。特に日本の気候のように湿度が高い夏などは、室内の水蒸気を外部に逃がさないと室内結露に
なることが多いです。結露が続くとカビ発生の要因にもなり、最終的には家そのものの健康より、人的健康被害にまで及ぶこともありますので、要注意ですね!

穴を開けたら屋根材を敷き詰め最後に雨押え換気部材を取り付けて完了です。

小野広和

地域に株式会社コトブキがあって良かったと思ってもらえるような企業になるよう、皆様とともに一緒に成長させていただければと願っております。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 6 人中 6 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コトブキからのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事