研修風景【屋根板金補修について】

こんにちは、コトブキ石本です。

半年ほど前ですが

とある屋根修繕の現場で研修中の頃の写真です。

ケラバ板金が凹んでしまっています。

 

古い板金だけ外して新しいものへの交換は、構造上難しいため

今回の修繕では上から一回り大きいサイズで

かぶせております。

 

数十年経過して色の変色もあり、サイズも一回り大きいため

凹み箇所だけでは違和感がでてしまいます。

そこで全ての板金をカバーすることで統一感も生まれ、

綺麗に収まっていると思います。

 

傷なども少量であればタッチアップによる補修で目立ちませんが

広範囲となると補修箇所だけ目立ってしまうので

カバー工法をおすすめします。

 

石本裕之

建設業界は未経験ですが、前職の経験を生かしながら、地元の我孫子で日々、精進して参ります。みなさん宜しくお願い致します。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 4 人中 4 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コトブキからのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事