東葛地区の屋根の板金が飛ぶ理由は

いつも大変お世話になっております。

コトブキの菊田です。

今日はコロニアル屋根材の棟板金が飛ぶ理由を自分なりに

教えます。(個人差はあります。)

お客様からの、お問い合わせが多いのはスレート屋根材の棟板金の浮きです。

ちなみに、訪問詐欺がよく使う部位です。

(おたくの、棟板金が浮いてますよ~直ぐに直さなければ、)

なぜに、棟板金が浮いてしまうのかを自分なりに教えていきます。

棟板金を外した写真です。

棟板金はこんな感じで木に釘を打ち留まっています。

棟板金の下場から雨風で少しずつ雨が入り木は腐っていきます。

写真長~~~~~~~~~~~~~(ー_ー)!!

棟板金の中はこのようになっています。

見てのとおり、木が腐りスカスカになっております。

これでは、釘も効かなくなり、風で飛ばされます。

わかりますよね。

棟板金の点検は定期的にして下さい。

棟板金の浮きやズレにきずいたら直ぐに連絡下さい。

 

 

 

 

菊田豊

元瓦職人だけあって屋根に上がらせたら天下一品。器用でありながら人として不器用さも有り憎めない存在。茨城なまりがなごみポイント。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事