屋根葺き替え(既存カバー工法から葺き替え)

既存状態が、屋根を一度リフォームした物件です。

珍しい工事事例なので簡単ですが施工手順を紹介します。

コロニアルや、瓦棒の上にカバー工法で20~25年くらい前に流行ったU瓦という商品です。

 

U瓦をはがし、コロニアルをはがした状態。

屋根材本体を2度剥がすので職人さんの人数を多くして何が何でも下地のルーフまで仕上げなければ雨仕舞が心配。剥がしたその日のうちにルーフまで施工しました。

天気予報を確認しながら、いつ着工するかの判断が決め手です。

 

 

屋根下地を増し張り、ゴムアスルーフ施工

 仕上げ

新規施工はルーガ鉄平

屋根も軽くなり綺麗に仕上がりました。

申し遅れましたがダイエッター角田チームの海老原でした。

海老原達夫

一見強面、だけど心優しい人物!お施主様へのリノベーションの提案力も高く人間力がある。誠実という言葉が似合う男。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コトブキからのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事