【研修風景】職人技

こんにちは、コトブキ高橋です。

新年初投稿は研修風景素人目線その2、職人さんの技をご紹介します。

とある新築住宅の出隅取付風景です。

※出隅とは壁・板など2つの面が出合った所の外側の角の部分です

     屋根のような形をしている物が出隅です

 角にぴたっとはめて

 固定して

 ドリルで釘を打つ位置に穴をあけて

 各面上下計2か所、金づちで釘打ちします

 完成です

一切測る事なく、ぱぱっと仕上げていましたので、

一見簡単そうに思えてしまいます。

が、

写真でも分かる通り、

出隅の下にはハットジョイナーという金具と、胴縁という木材があります。

ドリルで真っすぐに穴を開けるのも大変です。

そんな事はものともせず、職人技で素早く綺麗に仕上げていました。

職人さんの経験と技術に脱帽です。

その3に続きます。

はじめまして。高橋と申します。早く皆様のお役に立てるように頑張ります。

どうぞよろしくお願い致します。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 4 人中 4 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コトブキからのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事