台風禍

こんにちは、荻原です。

台風19号、大変な被害が出てしまいましたね。被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

弊社のある千葉県我孫子市も台風の通り道になりました。

大きな水害はありませんでしたが、近くを流れる利根川も一時は氾濫危険水位に達しました。改めて防災の難しさを思い知らされます。

台風の翌々日に周辺の様子を見てきました。

布施弁天(東海寺)は特に変わった様子はありません。

何よりです。

 

 

 

布施弁天の裏から堤防を登ってみると。

ありゃーっ。

普段は広大な水田が広がる一帯が、水没しています。

でも、これは川の氾濫ではありません。

 

 

この区域は調整池の役割を担っており、利根川の水位が危険段階になると、水門を開けて水を流し込む事になっているのです。

 

 

 

ここに水が入るのは平成13年以来でしょうか。

この調整池の存在が利根川の氾濫を防ぐ一助になっている。

有り難い事です。

 

 

こちらはあけぼの山農業公園のコスモス畑。

強い東風によって倒れている花も。

 

 

 

そんな中でも力強く咲いているコスモスの姿に励まされつつ、帰途に就きました。

 

荻原直剛

施工現場に欠かせない物流のキーマン!日々内容の変化に資材の配送手配、指示を的確にこなしコントロールしています。屋根の積算は任せて安心。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 6 人中 6 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コトブキからのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事