棟板金浮いている?通りすがりの業者にご注意

こんにちは、コトブキ石本です。

今回のブログでは最近増えているの屋根詐欺の例についてご紹介します。

こちらは柏市内、10年くらい前に建てられた住宅で

通りすがりの業者に

「棟板金が浮いていますので、

飛ばされたり、雨漏りする可能性もありますよ」と声を掛けられたとのことです。

お施主様は屋根詐欺が増えているということを知っていたため、

当日は話を聞くだけにして、後日、施工工務店へ連絡し、弊社へ現場調査の依頼がきました。

 

屋根上にあがってみると・・・

西日が眩しいくてわかりずらいですが

板金の端が反り返って浮いているように見えます。

 

しかし、釘の浮きもなくしっかり留まっており

コーキング箇所もひび割れや剥離など見られませんでしたので

少なくとも板金が飛んでいく、雨漏りするような事態ではありませんでした。

板金自体は金属製のため

熱による多少の伸び縮みの影響かと思われます。

台風などの影響を受け、釘が浮いてきて飛び出てくると

そのまま抜けてしまったり、雨水の侵入で下地材が腐ってしまう原因になります。

地上から撮った写真ですが

よーーく見ないと分からない違和感です。

通りすがりの業者が偶然気が付くとはとても思えないですよね

突然の訪問業者には気を付けましょう!

 

石本裕之

建設業界は未経験ですが、前職の経験を生かしながら、地元の我孫子で日々、精進して参ります。みなさん宜しくお願い致します。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事