軽登山からリスタート

こんにちは、山城大好き荻原です。

コロナ禍もだいぶ長引いていますね。ステイホームを心がけた結果、極度に体力が落ちてしまいました。そろそろ行動制限の緩和に向けて体力を戻して行かないと。

そこで軽い山歩きからリスタートしました。

 

茨城県土浦市の『小町の館』という施設の駐車場に車を停めて、『小町山』を目指します。

この辺りは、平安時代の歌人・小野小町にまつわる伝説が多数残っているそうです。

ここの地名もズバリ「小野」。

 

しばらくは小さな川に沿って登って行きます。

湿度の高い9月の休日、流れる汗とやぶ蚊に悪戦苦闘。

 

途中、多くの奇岩が現れます。

ひとつひとつ名前が付いています。

 

程なく山頂へ。標高は361メートルです。

残念ながらガスっていて眺望は無し。

 

山は四季折々に様々な花を見ることができます。

今回の一枚はこれ。『ツリフネソウ』という秋の花らしいです。綺麗な色ですね。(ちなみに花は全く詳しくありません)

 

宝篋山を廻って里へ下りてきました。

周囲の山々と黄金色の稲穂。この辺りはほんとうに風光明媚な所ですね。

荻原直剛

施工現場に欠かせない物流のキーマン!日々内容の変化に資材の配送手配、指示を的確にこなしコントロールしています。屋根の積算は任せて安心。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事