外壁点検のおすすめ!千葉東葛エリアの皆様へ。

皆さんこんにちは。

今回はお客様のお宅に訪問し、外壁の点検を行い、

シーリング目地が劣化してしまった箇所を部分補修

工事を行った時の様子をお伝えします。

今回の事例は以下の画像のようにシーリング目地の端部が

切れて隙間が生じてしまっています。

このまま放置しておくと更なる切れを誘発し、美観性

を損なうばかりではなく切れた隙間からの雨水の侵入で

大切なお宅に損害が広がる懸念が生じます。

シーリング目地は一般的に10年ほどで経年劣化し、メンテナンス

が必要になる部位です。

外壁でシーリングが使われているようでしたら定期的な点検

を行い傷んでしまっていたら早めに修理や交換をすることを

おすすめします。

前述の通りこのような状態で長期放置することは家の更なる

劣化を早め、損害も広げてしまいます。

今回は傷んだところを部分的に修理して終えました。

部分的でしたので画像に写り込んでいるように今回、

はしご作業で行いました。立地や諸条件にもよりますが

予算を最小限に応急処置的にこのようなことも出来ます

のでとにかく放置することは禁物です。

ぜひ、たまにはご自宅の外周部をぐるっと見て回り、あれ?

っと思うようなことがあればお問い合わせ下さい。

他にも家のことで不安に思うことがあれば、ご相談、お見積り

等はいつでも無料で行っております。

 

wada

営業工事管理のスペシャリスト!社内でわからない事があれば、部長に相談すれば解決策を導き出す頼れる存在。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事