史跡探訪①~市川市国府台

こんにちは、荻原と申します。

唐突ですが、今回から戦国時代好きの私が訪れた各地の史跡をご紹介して行きたいと思います。

 

先日、市川市国府台にある里見公園を散策してきました。

ここには国府台城という城があったそうです

この周辺は、戦国時代に2度にわたって大規模な合戦がありました。

 

 

 

 

 

夜泣き石

いずれも、小田原を本拠とする北条氏と安房の里見氏による領土紛争で、2度とも北条氏の勝利に終わり、結果北条氏が領土を拡大して行きました。

 

 

 

 

土塁の痕跡

主戦場となったのが現在の国府台から矢切にかけての一帯だったようで、「矢切」という地名も合戦の後、2度と凄惨な戦いが起こらぬようにとの願いを込めて「矢を切る」から付けられたそうです。

 

 

 

今後も定期的に各地の史跡を紹介してゆきます。箸休め程度にご覧いただければ幸いです。

荻原直剛

施工現場に欠かせない物流のキーマン!日々内容の変化に資材の配送手配、指示を的確にこなしコントロールしています。屋根の積算は任せて安心。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 4 人中 4 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コトブキからのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事