気になる納め。。。

この記事の目次

私は

お世話になっております。コトブキの塚本です。

さて入社して少しの時間が経過しました。

私は最近は菊田さんに同行し、現場を回ったり社内で出来ることをしたり色々なことを勉強させていただいております。

覚えることも多く、分からないことばかりですが社内にいる方たちのお陰で

精一杯頑張っております。

夏ごろの投稿では皆さんに為になるようなそんな題材が投稿できればと思います。

現場では

現場を回らせてもらっていて気になる納めがありましたので少しばかりご紹介したいと思います。

こちらの現場ではコロニアルという屋根材への葺き替え工事をさせていただきました。

ここでの葺き替え工事とは瓦既存のものを撤去して、新しい屋根材で葺き替えることです。大まかな目安としては日本瓦で25年~30年、コロニアル(カラーベスト)で10年~15年と言われております。

現場では職人さんにも安全に考慮して作業をしていただき無事工事の方は完了いたしました。

では納めの方を確認していきたいと思います。

綺麗な納めですね!!

こういう壁際は雨漏りの原因になることが多いので要注意です。

この大きく目立つ板金を棟板金、壁にあるものを捨谷板金といいます。

この棟板金を施工しているのでが入る恐れはありませんが

仮に侵入してもこの捨谷板金によって雨を排出してくれる仕組みになっているので安心ですね!いい勉強をさせていただきました。

今回はこちらだけでしたがまだまだ他にも職人の技、こだわりなどを紹介できればと思います。

少しでも早くお客様のお役に立てればと思います!!ではまた次回に。。

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コトブキからのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事