高所工事に必須の「足場」の相場価格と活用方法をお届けします。

こんにちは、コトブキ古中です。

前回のブログの最後にも触れましたが、リフォーム工事の足場について今回は書いてみました。

 

2メートル以上の高所工事の場合「足場」が必要。

まずはじめに、足場を組むのを考えられるリフォーム工事は下記が例としてあげられます。

・屋根葺き替え、カバー、塗装など

・外壁塗装、張替え等

・外壁シーリング打替え、増し打ち

・破風、軒天の工事

・雨樋交換

・その他太陽光の取り付けなど部分的な高所の補修工事など

足場の設置は法律で定められている。

上記の工事のように2メートルを超える高さでの作業には足場の設置が必要です。

実は、これについては「労働安全衛生法」で定められている為、

一般住宅の場合でも足場をかけなくても良いというケースはほとんどありません。

その為、住宅リフォームで屋根、外壁などの工事を行う場合は足場を組む必要があります。

また労働安全衛生法以外の考えでも単純に「安全面」で考えると足場は必須です。

梯子や脚立だけで外回りの高所のリフォーム工事をしてしまうと

・安全性の低下

・作業性の高い施工が出来ない

・事故や近隣とのトラブルなど様々な問題が発生する

などの可能性が高くなってしまいます。

足場の設置費用の相場価格は「20万円~30万円前後」

通常、足場の設置費用としては20万円~25万円前後になる事が多いです。

以下、足場の事例写真になります。

屋根の傾斜がきつい場合は「屋根足場」が必要になる。

屋根の勾配が5寸以上の住宅の屋根を「塗装」する場合、

または、

「葺き替え」でも屋根の勾配6寸以上で、「屋根足場」が必須となります。

もちろん部分的に勾配がある場合も例外ではありません。

屋根分の足場の設置がふえるので費用は増えて、25万円~30万円前後になる事を目安に考えていただいた方が宜しいかと思います。

 

足場を自分で設置、手配するのはコスパが悪く危険。

やろうと思う人はいないと思いますが、

足場を自身で設置することはオススメできません。

費用も、購入した足場の保管場所も現実的に考えると無理・無駄になります。

また自身の手配と管理で足場だけ組むと多少の費用は抑えられるかもしれません。

ただ、足場で外壁・屋根に破損やトラブルがあった場合に、工事店等が対応できかねてしまいます。

可能な限り工事の依頼先に全て手配・管理を任せた方が結果的にコスパも良いでしょう。

 

足場を組んだ時にリフォームはまとめて行うと、メンテナンス費用も下がる。

足場を組むだけで一般の住宅で20万円~30万円前後かかってしまうのは上記に書いた通り。

それなら、屋根・外壁のリフォームを考えるときは極力まとめて複数の工事を行った方がよいでしょう

まずは家に何か不備が起きたら信頼できるリフォーム事業者に相談し、家の健康状態を点検してもらいましょう。

その後、

・屋根だけのものなどの単体見積もり書。

・外壁・屋根等、複数の見積り書。

を作成依頼します。

もし上記の見積もり書をもとに、

お住まいの行政などの「補助金」などが適用できれば、工事費用の自己負担分も減ります。

この辺りは、

弊社でもご相談に乗ることは可能ですのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

それでは、今回はこのあたりで失礼いたします。

 

 

 

海老原工事室長のもと現場打ち合わせに始まり、積算、デスクワークから工事の心得まで幅広く、英才教育を受け頑張っています。優しい性格なので、職方に負けないよう自分の意志を貫きながら頑張ってます。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 12 人中 12 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コトブキからのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事