外壁張替えリフォーム

みなさんこんにちは。

今回は先日、工事を終えた外壁全面張替えリフォーム

の様子をお伝えしたいと思います。

この画像はリフォームを開始する前の状態です。

そしてこちらがリフォーム後の画像になります。

どうでしょう!見違えるほどきれいになりました。

外壁は10年に一度くらいでメンテナンスをするのが

理想的です。その際、選択肢として塗装する方法も

あり、塗装工事を選択するケースが多いのですが、

外壁材の状態によっては張替えをおすすめしたい

場合もございます。

その代表的な例としてひとつの目安となることが

「チョーキング現象」と言われる現象です。これは、

外壁材の表面を触わると指に白い粉のようなものが付く

現象です。(トップ画像をご覧ください。)

出来れば、塗装はこの状態になる前に行うのが好ましく

この状態になってしまった場合は張替えをおすすめします。

特に窯業系サイディングの場合ですと機材も損傷している

場合が多く目地のシーリングも傷んできているケースが殆どです。

(トップ画像のようにシーリングに細かいヒビが出てきています。)

長持ちさせるには思い切って張替えされることの方がその後の

ランニングコストが安くなる場合があります。

最近の窯業系サイディングは30年相当の変色、褪色補償を行っている

商品もございます。

詳細は外壁メーカー「ニチハ」さんの以下のURLを参照して下さい。

メンテナンスコスト|PREMIUM SERIES(プレミアムシリーズ)|ニチハ株式会社 (nichiha.co.jp)

我が家もそろそろかな?でも、自分ではどうしたらいいのかわからない?

とお悩みの方がいらっしゃいましたら是非、弊社までお声掛けを下さい。

プロの目で先ずは診断、見積もりは無料にて行います。

その上で最適なご提案をさせて頂きます。お気軽にお問い合わせください!

wada

営業工事管理のスペシャリスト!社内でわからない事があれば、部長に相談すれば解決策を導き出す頼れる存在。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事