焼き芋と遮熱シート

いつも元気で明るいフレッシュ真鍋チーム元気菊田で~す

ブログでも紹介されている、遮熱シートをクローズアップしていきたいと思います。

と言うよりも、実験をしたいと思います。

自分もまだ遮熱シートの素晴らしさを疑ってます。

 

遮熱シートともう一方の主役 芋!

 

芋をアルミホイールで巻く

 

 

 

 

 

 

 

焼き芋を作ります。

炭の中に芋を入れ遮熱シートでふたをします。

遮熱シートは、確か熱を逃がさないんだよねー。

てことは、ふたの上は熱くならないの?

触ってみた、温かい感じかな~熱くはない

 

 

一時間ほど焼いたら

ホック、ホックの焼き芋出来上がり。

この表情

焼きたての芋はやっぱうまい。

旨い物を食べると何もかも忘れてしまいそうだ。

 

 

 

 

お~っと、危ない、危ない、今日は遮熱シートが主役だった。

焼きたての芋を遮熱シートに入れて。

どれほどの保温力があるか、味は焼きたてと比べてどうなのか?

を実験。

ここでまた1時間遮熱シートに入れた芋をねかします。

遮熱シートに入れなかった芋は十五分位で冷めてしまったが~

遮熱シートの中に入って一時間ねかした芋は、

まだ、温かい、焼きたてほど熱くはないが、いい感じだ。

味は、少し中で蒸されたのか焼きたての芋とは違い柔らかく

食べごろだ。

まとめ、遮熱シートは確かに保温性はある。

芋屋には最適だ、芋屋で買って家に持ち帰ると必ず冷める。

これで、芋屋の悩みは解決した。

まだ、こんなもんじゃ遮熱シートを認める訳にはいかないよ。

この程度の物ならいくらでもある。

元気菊田の実験はつづく。

 

 

 

 

菊田豊

元瓦職人だけあって屋根に上がらせたら天下一品。器用でありながら人として不器用さも有り憎めない存在。茨城なまりがなごみポイント。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 15 人中 15 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コトブキからのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事