エアストリーム内部に遮熱して宇宙船にしちゃいましょう!計画

わたくし随分久々の登場です(笑)日頃このブログ運営でお世話になっている方の紹介で、趣味と実益を兼ねた営業を群馬県桐生市まで足を延ばして行ってきました。

 桐生市吾妻山登山道入口付近にあるアズマベースです。
ショップ&カフェのお店のご主人が、なんとギンギラ銀のエアストリームを購入したので、その中の内装遮熱をしようという事でお話しがありました。

見えにくいですが車の奥に見える黒系の建物がショップになります。ショップの奥にギンギラ銀がありますので、違和感しかありませんが・・・

 

 

 

 

 

 

エアストリームを前からみたお顔と内部です!
室内は既に既存断熱材や内装材は撤去されていて、もはや宇宙船の内部のように見えますよね。オーナーさんはこの中を遮熱してお洒落に改装したらカフェにしたいというアイディアがあるそうですよ^^)

今の時代、山ガールが低山登山にくることが多いので、山の麓にある異空間としてインスタ映え間違えなしなので、きっと流行るんではないでしょうか?

そんなお仕事を一緒にさせてもらえそうなので光栄ですね!

 これは何を確認しているかというと・・・
指さししている代物はヒューズです。
40年以上前のエアストリームにはヒューズがつかわれていました。今では半導体に替わっているので若い世代はヒューズそのものを知らないかもですね(笑)

 

 

何故か山ガールの娘が有給をとって私の営業に参戦!
打ち合わせ前には娘は既にひと山登山してから参加しています。

エアストリームの中からチラッと顔をのぞかせている人がオーナーの上久保さんです。

 

 

 

 

 

 

と、言うわけでメインディッシュの吾妻山に登山してきましたので、頂上からパチリ📷

30分もあれば登れる461mの山ですが、地元の人に愛されている山らしく、地元のボランティアの方々が丁寧に綺麗に、登山道を整備されていて、ゴミひとつ落ちていないような印象の素敵な山でした。

吾妻山を起点に尾根伝いには多くの山々を歩くことが出来ますので一度訪れてはいかがでしょうか?日光の方まで頑張れば行けるそうです。都市伝説的には徳川家康公を死後神様にするため、この吾妻山から日光東照宮に山を歩いて登り神様として祀ったそうです。また、隣の鳴神山には、世界でこの辺りにしか群生しないカッコソウが5月上旬に可愛らしい桃色の花を咲かせるそうですよ。

今回は1月の寒い時期の登山でしたが、次回は春先にまた行きたいですね。

 

小野広和

地域に株式会社コトブキがあって良かったと思ってもらえるような企業になるよう、皆様とともに一緒に成長させていただければと願っております。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事