コロニアル屋根割れ修理

屋根の割れが気になりませんか?
たまにあるケースで、コロニアル(スレート屋根)の材料のクラックや割れ等でお客様から修理の依頼があります。

 

わかりますか?黒系の屋根材の先端に少し白いものが見えますね。これはスレートのメカケです。ここから雨水の侵入が発生することもありますので、お気をつけください。

 

 

専用の道具を使って、重ねの中にある留め付釘をカットして本体を剥していきます。

 

 

 

割れが発生した屋根材本体を撤去しました。長年の風雨にさらされているからでしょう。
土の汚れがくっきり残っていますね。

 

 

材料の先端が欠けていた材料です。

 

 

 

 

今回、使用する材料です。
特殊接着ボンドと本体(屋根材)です。

 

 

 

いよいよ先ほどの材料を実際に撤去した屋根に施工していきます。

 

 

 

要所要所に丁寧にボンドを充填していきます。このボンドを使用すると速乾性があり強力なため、すぐに接着します。

 

 

 

割れた材料を撤去して新しい材料と交換が終了しました。これで出来上がりです。

 

 

 

いかがでしたか?
屋根材に傷があったり、クラックが有り、気になるお施主様は是非一度ご相談いただければ、オーダーに合わせた施工をさせていただきます。

小野広和

地域に株式会社コトブキがあって良かったと思ってもらえるような企業になるよう、皆様とともに一緒に成長させていただければと願っております。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事