太陽の熱は地球に何%届いているでしょうか?

こんにちは、コトブキ石本です。

5月を迎え、ここ東葛でも最高気温は25℃近くまで

暑くなってきました。

車のエアコンで冷房を使い始めたり、買い物等で駐車するときに

フロントガラスにサンシェード(銀色のシート)が置いてあるのを目にします。

 

そこで、暑さ対策でご紹介したいのが遮熱材「リフレクティックス」です。

弊社のブログでは御馴染みですが、先月研修を受けに行きまして、

学んだことや様子など少しでも魅力について伝えられればと思います。

 

タイトルの答え合わせです。

太陽の表面温度は約6000℃、周囲は約100万~300万℃、

地球との距離は約1億5000万kmあります。

では、太陽の熱は地球にどれくらい届いているのでしょうか?

 

答えは0%です。

 

太陽から届いているのは

熱ではなく、熱線とよばれる赤外線のようなものです。

この熱線を対策するのが重要で、弊社では遮熱材を取り上げております。

長くなってしまいますので

次回、遮熱材の詳細と体感ボックスをご紹介したいと思います。

石本裕之

建設業界は未経験ですが、前職の経験を生かしながら、地元の我孫子で日々、精進して参ります。みなさん宜しくお願い致します。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事